【VSEO】副業で稼ぐ意外なメリット②

【VSEO】副業で稼ぐ意外なメリット②

副業で稼ぐ意外なメリット①では、衣服にお金をかけられる話をしました。次も私の実際の体験談ですが、「食にお金をかけられるようになる」という話です。

食にお金をかけられるようになる

①でも話したとおり、何も「高い美味いものを食いまくってゴージャスに豪遊するべし」なんてことを言うつもりはありません。1万円の焼肉は美味しいですが、毎日は食べられません(値段とかではなく、絶対に飽きて胸焼けします)。

それに比べれば松屋の牛めしだって十分に美味しく、かつ毎日食べられます。

ですが、あまりにも食にかけるお金をケチる人生は、やはり豊かではないと今では思います。

節約が悪いわけではなく、むしろ節約するべきだと思います。ですが、牛めししか食べられない人生と、たまに1万円の焼肉を食べられる人生は明らかに違います。

節約と、いいものを全く知らないでいることは全くの別物なのです。

はっきり言って、毎日のビールを発泡酒で済ます人生には戻りたくありません。悩んで思い切ってたまにだけ本当のビールを買う日々から、何も悩まずに本当のビールを毎日飲める生活。

妥協することが正義ではないのです。(節約というなら、発泡酒を飲むくらいならむしろ飲まないのが節約と思います。)

恋愛やパートナーのためにお金を使えるようになる

これは衣服や食の話とも関係してくるのですが、単純に「稼げるようになったら美人の彼女ができたヨ!」などという胡散臭い広告のような話ではありません。

特にある程度の年齢になってくると、身なりがきれいだとかデートの時のご飯の値段とかはやはり重要になってきます。

これだって、全身ハイブランドの服を身に着けようとか、予約の取れないフレンチに行きまくろうとかそういう話ではありません。

ただ、年の割に小汚く見える格好をしていてはたとえ中身が良くても台無しですし、いつもいつも安居酒屋デートだと女性もゲンナリするでしょう。私が女性だったとしてもそうです。

やはりある程度の身なりや店のグレード、その程度は最低条件であると言わざるを得ません。それは相手のためにお金を使うということだけでなく、自分のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を上げるためのものでもあるのです。

もちろん、大切な日にはある程度の金額のプレゼントをあげるのも、躊躇なくできるようになった方がいいのは間違いありません。それも、バカ高いハイブランドのものでなくても構いません。ただそこで悩んで苦しくなるような人生は、豊かとは言えないと私は思いますね。

TOPページを見る